FC2ブログ

足利人形劇フェスティバル

日曜日、足利市民プラザの「人形劇こどもフェスティバル」に参加してきました。

まずは、このフェスティバルの顔であり、つぼみ座の遊び歌の火付け役になった「しゃぼん玉」さんのライブに参加。

「幸せならてをたたこう」♪のはずが…あれれ、「幸せならほっぺつぶそう、頭なでよう…」予想外のマッキーさんの歌に会場は笑いの渦。

また「お上品なお母さん!!」の呼びかけに、会場で一番自信満々に手を叩く私たちつぼみ座でしたよ(笑)

いつも、しゃぼん玉さんのライブでは、顔がほころびっぱなし。表情筋が鍛えられ、感謝感謝です。

 ピンクちゃんとみどりくんのコンビ「ハッピーメロディ」さんのパネルシアターは、とにかく絵が大きく分かりやすい!私のお手本です。

「働くぼうし」では、コックさん、マジシャン、お化け、…えー、お坊さん!?キテレツな発想に大爆笑。

またつぼみ座の演目にもある「大きなかぶ」では、各々のキャラがしっかり作られていました。お茶目なおばあさんだったり、能天気なむすめだったり…みんながよく知っているお話にも関わらず、次は?次は?とどんどん期待が高まります。

  最後は、むすび座さんの大型人形劇「アラビアンナイト」。総勢8人が入れ代わり立ち代わりの人形操作は、まさに神業!!

主役アミンが相棒ハーティとさよならする場面では、会場にすすり泣く女の子が。小さな心に優しさの芽が届いていました。

 一番重い人形はなんと6キロの重さとか。柔和な面持ちで話をしてくれた役者さんのたくましい腕っぷし!私は見逃しませんでした♪

公演後、主役アミンの役者さんとお話をしました。

「一期一会を大切に、毎回その会場でしかやれない最高のパフォーマンスを心がけています。その場かぎりでなく、家に帰ってからも見てくれた人形劇の話をして、その子の成長につながれば嬉しいです」

と、まっすぐな眼差しの役者さん。その高い志とプロ意識にただただ感銘をうけました。

「一期一会」私の心にしっかり刻んでおきます。





スポンサーサイト

みちおせ保育園公演

梅雨入りして初めて(?)の梅雨らしい雨☔が降る日の公演でした

でも、雨でも元気なかえるさんのように、お友だちは元気元気❗
ということで、オープニングは『かえるのうた』
お友だちが一緒に歌ったり、手拍子してくれて外の雨☔もBGMになってましたよ🎵

パネルシアター『はをみがこう』では、最後、大きな口を開けて歯磨きのまねをしながら、歌おうと頑張ってるお友だちがいて、楽しかったですよ🍀

終わりにメンバーが前に出た時に、「感動した❗」と言ってくれた男の子がいて、嬉しくなっちゃいました❤

終了後、宮っこチャレンジに来ていた中学生にも感想を聞いてみました
「歌や音楽に合わせて人形などを動かしていて楽しかったです」「中学生にも楽しめました」「みなさんすごいなぁと思いました」などなど…
よく観てくれていて、嬉しくなっちゃいました☺

ぼくにもできるかな人形劇場

日曜日、石井マリ子さんの「ぼくにもできるかな人形劇場」のワ-クショップに参加してきました。昭和生まれの人なら誰でも知っているゴン太くんの製作者が、なんと石井マリ子さん!とっても笑顔の素敵な方でした。

 まず人形劇を見たあと、そこに登場してきた動物たちを参考に、人形制作開始!

ヤクルトの容器とストロ-、色画用紙を使って好きな動物を作りました。簡単に作ることができ、その上それぞれの動物の個性がでて、かなりの出来栄え!
そうそう、恐竜もいたっけなあ…。ちなみに私は、今話題のパンダを作りましたよ。

 先生の魔法にかかれば、身近なものも変幻自在。なんと鍋つかみと台所スポンジも人形になっちゃうんです。
さあて、私の家にも変身できるものがあるかも!早速、探してみようっと♪

大谷保育園・ハートフルナーサリー公演

水曜日は、大谷保育園で公演がありました。
子どもたちと一緒に「つるかめ会」のおじいさんおばあさんも見てくれました。
パネルシアタ-「ひよこちゃん」では、すぐに歌を覚えてくれ「そしたら~そしたら~󾠓」と、楽しそうに口ずさみながら参加してくれましたよ。

人形劇では、ガルルの「乱暴な言葉はいけないんだったなぁ」のセリフに、すかさず「ばちがあたるよ-」と子どもから天使の声が󾬆
さすがにガルルも「そうだよな…ばちがあたるよな」と納得の言葉が出てしまいました。

公演後、子どもたちから素敵な手作りしおりをいただきました。ありがとうございました。

そして、連続公演二日目の木曜日は、ハートフルナーサリーに行きました!
毎年、先生方の笑顔に迎えられ私達のやる気スイッチが入ります。

公演が始まると…かわいい子どもたちの声援が私達を迎えてくれました。

 「トントントン」では扉が閉じるたびに『バイバイ』って小さなお手てを精一杯ふってくれた女の子。
「ひよこちゃん」では、先生から「かわいい」との声が!
「どこかな どこかな」では本当に『おへそ』を出しちゃったお友達もいましたよ。

 公演後は程よい疲れを感じながら、子どもたちの声援と笑顔に癒やされて、充実感をお土産に帰路に着きました。


みどりの郷子ども会公演



先週土曜日は、初めましての公演でした
入ってきた途端、「寒いよ~、暗いよ~」と言っていた子どもたちでしたが、メンバーが手遊びを始めると、すぐに元気いっぱいになって、そのまま公演に突入❕

じっくり聞いて欲しいおはなしの時は静かに、一緒に声を出して欲しい時は大きな声でと、メリハリをつけて観てくれました✨

終了後、舞台裏の見学をしてくれたお友だち
興味津々のきらきら✨した瞳で見ていました
感想を教えてくれたお友だちも
「和尚さんの頭の形が面白かった❗」
「小さい山姥と小僧が遠くに見えて、すごいなぁと思った」
感想はママからも❤
「あのアイス🍦の機械が欲しいなぁ🎵」
私も欲しくなっちゃいました😃

済生会乳児院公演

今回の公演は特別に午後から
乳児院のお友だちに会いに行きました
先生と一緒に楽しそうに会場に入ってきたお友だち

プログラムは動物がたくさん出てくるものだったので、みんな指を指して「ライオン」など先生に教えていましたよ✨

手話ソングでは、メンバーがお友だちに近づいて手を繋ぎました
曲が終わってメンバーが「ありがとう🍀」と頭ポンポンをすると、お友だちからの拍手❕
思いもよらなかったことに、メンバー感動して、ちょっとウルッとしちゃいました

子どもの素直な反応が嬉しくなりますね

グリムの館に行きました❤

爽やかな風に誘われて、またまたグリムの館まで行ってきました。
今日は望ノ社(もちのしや)の『グローブパペット劇場』と『くいしんぼうねこミミのぼうけん』です。
人形を操るのは日本人の女性とカナダ人の男性のおふたり。そしてこの日本人の女性矢内さんは、下野市の出身なんだそうです。
子ども達に『英語が得意な人は?』と問いかけると、ほぼ半数の子が元気よく手をあげました。『えっ!本当?』と、心の中で突っ込みつつ・・・そうそう子どもってポジティブというか、結構自信家なんだよね・・・と妙に納得しました󾌰
『グローブパペット劇場』ではアメリカの子ども向け番組でよく目にした、口が大きく開くタイプの人形が次々と登場してきます。up・downなど簡単な英語を繰り返し、人形のコミカルな動きにあわせて、子ども達もup・downと叫びます。そしてついには一緒にダンスまで踊っちゃいます。そのダンスだって、ストップと言われたら止まらなくてはいけません。何度か繰り返して、もう終わりだろう・・と思ったところで、また音楽がなるのです。油断?していた子ども達から、いっせいに笑いがおこります。この辺はうまいなぁ・・と思いました。
『くいしんぼうねこミミのぼうけん』は影絵劇です。子ども達の目の前で、小さなペープサートが飛んだり跳ねたり近づいたり離れたり。それが光を通して、スクリーンの中では大きな家になり、走り去るキリンになり、美味しそうなごちそうになります。セリフはあまりないのに、子ども達のなかでミミはイタリアに行き、日本のお寿司屋さんに入り、大ぼうけんをするのです。
客席側にいると、子ども達の思わぬ反応に、何度もドキッとします。そして笑顔にほっこりします。
人形ならではの動きで沢山楽しめると改めて思いながら、家路につきました。

報徳会幼稚園公演

6月最初の公演は「報徳会幼稚園」でした。年少組さんと未就園児の親子の笑顔がいっぱい!

ペーパーシアター『トントントン』で、最初はなんだろうと不思議そうに観ていた子どもたち。
お話が進むにつれて、出てくるドア󾓳の色を言い当て大喜びでした󾭠

パネルシアター『どっちだろう』では、1人の先生以外みんな当たり!!
先生、悔しそうでしたよ󾌰

人形劇ではうさぎのミミとくまのクウちゃんと一緒に「ヨイショ、ヨイショ」とかけ声をかけてくれてました。みんなの声援、ミミたちにちゃんと届いてましたよ。
ありがとう󾬌
ミミとクウより
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR